滋賀県近江八幡市安土町のニゴロブナの養殖事業。滋賀県の伝統食 ふな寿しの販売。

淡海の食文化を次代に継承「ふな寿し」を気軽に食卓へ - 株式会社飯魚(いお) -

東京日本橋に2017年10月29日オープン!

「ここ滋賀」東京日本橋に2017年10月29日オープン!
【飯魚いお】のふなずしもお取り扱いいただけることになりました。
発酵食の魅力を存分にご堪能下さい。
cocoshiga[1]
“東京で滋賀の魅力を体感できる場所”
滋賀の魅力を実際に見て、触れて、食べることができる体験型の発信を行うとともに、滋賀への誘引の役割を担う拠点を目指しています
営業時間
1階
マーケット 10:00〜20:00
日本酒バー 10:00〜23:00
2階
和食ダイニング 11:30〜14:00 / 18:00〜23:00
屋上
テラス 10:00〜23:00
所在地
103-0027 東京都中央区日本橋二丁目 7-1 東京日本橋タワー
アクセス
東京メトロ日本橋駅 B6、B8 出口すぐ
JR 東京駅八重洲北口 徒歩6分

稚魚池選別

8月の上旬に今年生まれの稚魚選別を行いました。
かなりの猛暑日でまた、真っ黒になってしまいました。
今年の稚魚は、サイズが小さく少し残念。
これから秋に向けて急成長してくれることを期待!

2017081010240000.jpg
毎年この時期、天然ものの様々な生き物の混入がみられるのですが、
今年は「本もろこ」が多く、少し工場の観察水槽に泳がしてみましたが、この大きな特徴「騒がしい」の一言でしょうか。
鮒とは大きく違い 賑やかに泳ぎ回り攻撃的な性格のようですね。

鮒には大きなストレスになるような気がします。
やっぱ、混泳はだめですね。
写真 (42)

発酵中

毎日暑い日が続いています。
土用の鰻もいいけど、夏バテには鮒ずし。
1609img.jpg
飯魚いおでは只今、発酵臭がムンムンしています。
毎日樽の表面の膜を洗い流し、手入れが一番大変な時期です。
表面にプクプクと泡が出てきて凄い生きた発酵パワーを感じます。

よく見るととっても美しい。。。

自然の力を感じます。

発酵中

乳酸発酵3

夏バテ防止に!

蒸し暑い日が続いていますね。
夏は夏らしく、冬は冬らしくを望んではいますが、こんなに気温が高くなると、本当に体に堪えますね。

快適な睡眠とバランスのとれた食事を大切にしたいものです。
先人が残してくれた近江の伝統食「ふなずし」

冷酒と組み合わせて暑い夏を健康に乗り切りましょうね~。
DSC00768.jpg

今年も美味しく★

10421158_646280955464787_8590093913412121904_n[1]
今日は地元銀行様主催の商談会に参加してきました。
三社のバイヤーの方々といろいろお話させていただきました。

試食後、「こんな食べやすいふなずしは初めてだ」と県外の方からご感想いただき、嬉しく思います。
作り甲斐、仕事のやりがい、、、ってこういう感じなのかもしれませんね~。

«  | HOME |  »

ふるさと納税なら近江八幡へ

最新情報

お問い合わせはこちら

飯魚(いお)

飯魚(いお)

【営業所・加工場・店舗】
〒521-1341 
滋賀県近江八幡市安土町上豊浦973-1
TEL:0748-46-6554  
FAX:0748-46-6544
【養殖池】
〒521-1301 
滋賀県近江八幡市安土町大中604番地

コンテンツ

広告

FC2Ad