FC2ブログ

滋賀県近江八幡市安土町のニゴロブナの養殖事業。滋賀県の伝統食 ふな寿しの販売。

淡海の食文化を次代に継承「ふな寿し」を気軽に食卓へ - 株式会社飯魚(いお) -

塩漬け最盛期★

3月上旬から多忙期に入り、生産現場では休みもない日が続いています。
久しぶりにブログのHPを開いてみると、広告が張ってきているので
慌ててしまいました。

実は今年は『新商品』も企画しており、その準備も並行して行っています。
出来上がりは秋の予定。

今年は琵琶湖の漁獲量が激減。
美味しいふなずしの継承。。。
この重要性を改めて認識する春です。


塩漬け始まりました★

3月に入り、慌ただしい日が続いています。
春がふなずしの漬け込み期ですが、先週末より春一番で荒れ模様。
とはいうものの、順次塩漬け作業に没頭しています。
写真 (25)
写真 (24)
写真 (20)
塩切6
生きたままの状態で塩漬けします。
塩まみれの鮒の尾びれがピンピン跳ねるので、私の顔までしょっぱくなっています。

さとふる掲載★

近江本にごろ200gスライス-03
2018年2月23日より 近江八幡市の「ふるさと納税」謝礼品として新たに『さとふる』のサイトに掲載されています。
ふるさとの味、「ふなずし」をどうぞ、お楽しみください。

飯魚いおでは水槽にニゴロブナも元気に泳ぎだし、賑やかなシーズンの到来です。
お近くの方は是非、お立寄り下さいね。

「シーフードショー大阪」出展★

main_osaka00[1]
昨年は「アグリEXPO」に出展させていただきましたが、
今年は「シーフードショー大阪」出展。。。というか、正確には「レイクフード」になるわけですが。
滋賀の伝統食「ふなずし」
少しでも多くのお客様の目に触れるように、販路拡大を目指します。
この冬は「長寿 滋賀」をテーマに乳酸発酵食品の魅力をPRしたいと考えています。

あ、ふなずし食べると寝つきもよくなる。。。これ、実体験です。
良質な睡眠は健康の源。
ぐっすり眠って、準備万端と行きます。

『発酵』

3-1.jpg
只今、飯魚では今年の樽漬けを毎日量りながら一匹づつ樽出ししています。
この冬一番の寒波の到来で 冷たく手が真っ赤。

工場にはふなずしの香りが広がり、訪れた方 好きな方にはこれがまた、堪らないようです。。。

『発酵』は味を高め、香りを深める   

ふなずしの特徴に匂いと味がありますが この個性的な匂いは発酵を司る
微生物が生成する物質によるものです。
 飯魚では原材料に余計な添加物を一切使わずに夏場の発酵期間に漬け樽の水を細目に流水し、
近江の風土と共に 自然の力を活かし熟成させています。

ほんのりと香る乳酸発酵独特の匂いと爽やかな酸味が大きな特徴です。

«  | HOME |  »

ふるさと納税なら近江八幡へ

最新情報

お問い合わせはこちら

飯魚(いお)

飯魚(いお)

【営業所・加工場・店舗】
〒521-1341 
滋賀県近江八幡市安土町上豊浦973-1
TEL:0748-46-6554  
FAX:0748-46-6544
【養殖池】
〒521-1301 
滋賀県近江八幡市安土町大中604番地

コンテンツ

広告

FC2Ad